「美肌になろう‼」vol1

紫外線対策について

3月になりましたがまだまだ寒い日が続きます。
3月のケアというと、お肌も乾燥していて保湿をしっかりすることと思われますが、もうひとつ大事な事は紫外線対策。意外と知られていないのが1年の中で急激に紫外線が増える時期は2~3月なのです。

紫外線には種類がありUV A波、B波、C波があります。UV C波はオゾン層でほとんどが吸収されるので、地上にはほぼ降りて来ないと言われています。
UV A波はお肌の真皮層まで届き、シワとたるみの原因になると言われ、UV B波はお肌の表皮層でメラニンを作らせシミの原因になると言われます。
空気がまだまだ乾燥している3月は細胞と細胞の間が、乾燥の為に隙間が出来やすく、冬でも降りてくる量が多いUV A波を肌の奥まで透しやすくしてしまいます。紫外線による老化は光老化と呼ばれシミだけではなく、シワたるみを作ってしまいますので、しっかりと保湿+紫外線対策をしていただくのが老化予防になります。
また、皆さんが感じる暑さは赤外線で、まぶしいと感じるのは可視光線なので、紫外線は全く実感がないものなのです。冬の時期や雨や曇りの天気なら油断しがちになりますよね。
春スキーやボードに行かれる方、雪の紫外線反射は水の次にきついと言われますのでしっかり日焼け止めをつけて下さいね。
気象庁によると、ここ20年で真冬の紫外線は2割り増しになってきていると言われていますので、是非一年中、日焼け止めをつけて頂くと良いですね。
焼けたくない、シミをこれ以上濃くしたくないという方は、紫外線がきつくなってからでは遅いので、今からしっかりケアしていきましょう。
シミを作り出す原因として言われているのが、女性ホルモンの影響やストレスジミ等があります。リンパケアで自律神経やホルモンバランスを整えて、リラックスしていただくのも美肌への近道です。
日本リンパ協会認定講師
フェイシャルエステ saintオーナー
西山 千聖