みるみる姿勢が良くなる寝ながらリンパケア体操

現代社会で生きる多くの方が、仕事や育児、人間関係などの強い精神的ストレスにさらされています。
ワークライフバランス(「生活と仕事の調和」)の乱れは「姿勢」にもあらわれます。
姿勢が悪いと肩こりや腰痛などの不調を感じるようになります。

近年ではスマートフォンなどの普及で、世の中が便利になったものの、小学生でも肩こりで悩む時代となりました。
本来ならバリバリに動けるはずの20~30代でも、美容や健康に関する悩みは尽きません。
いったい、今を生きる人の体になにが起こっているのでしょうか?

実は、多くの方が「排出できない体」になっているのです!
「排出できない体」とは、リンパ液の流れが悪く、体の中に老廃物などの「毒」が溜まった状態です。
この状態が長く続くことで、病気にかかりやすい体になり、シミやシワが増えるなどの原因となるのです。
むくみや痛みは「排出できない体」からのサインなのです。

そこで私が推奨する「リンパケア体操」のご紹介です!
今回ご紹介する体操では、背中をほぐすことで血液やリンパの流れを良くする効果が期待できます。
1日5分、寝る前や朝、目覚めてすぐに、横になったままできるのに効果抜群です。

「寝ながらゴロゴロ背中ほぐし体操」

①ゴルフボールまたはテニスボールを用意します
②両膝を立てて、仰向けになります
③ボールを背中に押しあてて、背骨側から外側へと左右に転がします
④ボールの位置を、腰から肩へと移動させながらほぐしていきます痛みがあるところは重点的にほぐしましょう
⑤反対側も繰り返します
腰や脊椎に疾患がある場合や、強い痛みなどが生じた場合は中止して、医師に相談しましょう。
また、使い終わったボールはすぐにしまいましょう。小さいので誤って踏んで転倒しないようにご注意ください。
続けることで、呼吸が楽になったり、姿勢が改善するなどの効果があります。

頑張ってまずは1週間続けてみて下さい。
会員の皆様の「キレイで元気に」を応援しています!それではまた。

日本リンパ協会認定講師:中島雄介(リンパパパ)