「足裏癒し&リーディング講座」

~足裏をみれば性格も健康も人生も分かる 足裏癒しテクニックを学んで仕事に活かす~

 

こちらの講座は足裏や甲に特化した施術で、手技のみならず足のリーディングも学べます。

身体にはあなたの人生のストーリーを記録しているという理論があり、特に足指の位置や形はその人の感情や思考、体験や過去も物語っていると言われています。足裏の施術に自信がついて、リーディングができると、さらにセラピストとして磨きがかかってくるのではないでしょうか?

%e8%b6%b3%e7%94%bb%e5%83%8f

受講するメリット
・若さを保つための子宮キレイ対策足つぼが学べます。
・足からデトックスできます。
・足(sole)を通して魂(soul)と向き合うことができます。
・足裏から性格・健康状態・生き方(人生)を読み解く。
・簡単に出来るセルフケア足つぼができるようになります。
・セラピスト・治療家のメニューに取り入れられます。

 

講座内容

民間療法としての背景、影響力
足つぼ治癒三大原理
ホログラム・エネルギーレベルで観る足裏
施術上の効かせるコツ、注意点
観察するということと内観
施術のワーク  内観のワーク
観察のワーク  リーディングのワーク

特  典

講座後「足つぼ」&「ソールリーディング」を、今回特別価格として 10 分 500 円 にて受けることができる。
 (1 人 1 回まで・初日に日程調整します。)


【日程】全10.5時間

 11月11日(金)13:00~16:30
 12月 2日(金)13:00~16:30
 12月 9日(金)13:00~16:30

【金 額】会員:50,000円(税抜き) 非会員:58,000円(税抜き)
      講師:47,000円(税抜き)

【会 場】日本リンパ協会渋谷会場(渋谷駅徒歩7分:青山街道沿い)

【募集人数】9名 (最少催行人数4名)

【参加資格】どなたでも受講できます

【講 師】大山 幸司 

【講師プロフィール】  
資格:中国足心道療術師・日本セラピスト認定協会 認定セラピスト 
肩書き:東京整体学院いろは学舎講師、出張専門足つぼ療術院、目黒サロンなごみ(東京都目黒区)オーナーセラピスト

mousikomi02-008

※残席が少なくなっております。(10/21現在)


講師プロフィール

■現職:目黒サロンなごみ オーナー

担当科目:足つぼ療法・タイ古式マッサージ・実践コミュニケーション心理学

■資格:中国足心道療術師・日本セラピスト認定協会 認定セラピスト

■経歴:営業の仕事に携わるも、アロマテラピーに関心を持ったことをきっかけに、

心身両面から人を癒す仕事を志し、数々の整体関連の学校を卒業する。

リラクゼーションサロン勤務、クリニックリハビリテーション科勤務後、出張専門足つぼ療術院を開業。

現在は、東京整体学院いろは学舎にて後進の育成を行うとともに、東京都目黒区にて目黒サロンなごみを開業


大山先生へインタビューしました。

 

①なぜ足つぼを習おうと思いましたか?

整体スクールを卒業しすでに現場のサロンで働いていましたが、

施術の効果に磨きをかけたいと思っていた時に『足ツボ』専門で結果を出してる知人の影響があり、足ツボ専門スクールでさらに学びました。

 

②習った結果どうでしたか?

ただの『リラクゼーション』ではなく、『治療効果』が出せるセラピストとして自信をもって施術ができるようになりました。

 

③受講生にどのような変化がありましたか?

学校を卒業後すぐに開業する方が多く、全国で活躍している方々が多数おります。(卒業生約1500名)

総合セラピストスクールで教えていた生徒は、たくさんある手技療法の一つとして「治療効果の出せるリフレ」として、自信をもって現場で活躍していたり、ご家族の健康に役立てていらっしゃる者などがおります。

 

④受けた方の変化はどうですか?

冷え性、便秘、生理痛、腰痛(ぎっくり腰)、膝痛、不眠症、骨粗鬆症、リウマチ、うつ……などの改善例があります。

足ツボ自体の臨床例ではさらに不妊症、逆子、癌など数多くの改善例が報告されています。

 

 

⑤今回の講座では、受講生はどのようなことを持ち帰ることが期待できますか?

セルフケアでは? 

手軽な健康管理の一助として、またリーディングでは自己対話のツールとして役立つのではと考えています。

 

セラピストとしては?

数ある手技療法の中でも副作用もなく、難病にも対応できる療法として有効な選択肢を持つことができると思います。

 

⑥足のリーディングとは、例えばどのようなことが学べますか?

私が学び始めた当初(13年ほど前)は「リフレ」はリラクゼーションや治療の意味を持っていましたが「足」にそれ以上の情報が記録されている事実はクライアントとのカウンセリングに、より「深み」を持たせることができるように感じています。

 つまり、クライアントに健康へのアドバイスにとどまらず、「生き方」と向き合うきっかけになるのではないでしょうか。

 

 

mousikomi02-008